掛け布団を夏仕様に。〜ミックスドミトリー寝具の衣替え〜

ヨシです。

 

晴天で気持ち良い日が続いていますが、週末はどのように過ごされましたか。

 

宿主は梅酒作りの週末でした。笑

 

気象庁の発表によると、既に沖縄を始め梅雨入りしている地域もあり、関西のお隣り四国も例年よりも1週間ほど早い梅雨りとなっています。

 

来週の予報を見ていると関西も梅雨入り宣言も近いんじゃないかなと。いよいよあの季節が来ますね。

 

 

|ミックスドミトリーの寝具を夏仕様に

 

 

例年よりも少々早めでしたが、休館日を利用してミックスドミトリーの寝具を夏用へと入れ替えを行いました。

 

冬仕様はこんな感じ↓でした。

 

 

今年2月の全面改装でお部屋の状況も変わり、去年と同じタイミングではいけないなと考え、5月中旬から入れ替えのタイミングを計っていたのです。

 

特に暑さや寒さの感じ方は人それぞれ違います。特に欧米系のゲストさん達は暑がりの傾向にあり、早いと4月頃から掛け布団を使わずに寝るゲストさんたちもちらほら。勿論、日中はTシャツに短パン姿。見ていて風邪を引かないか心配になりますが・・。

 

 

|安眠の秘訣は

 

掛け布団は冬・夏と使い分け、夏仕様はタオルケット。敷布団は通年でマットレス+敷布団の組み合わせです。

 

ちょっとだけ自慢しちゃいます・・

 

布団での就寝に慣れていない海外ゲストさん達からは《マットレス+敷布団》の組み合わせが「ベッドと同じ寝心地が畳の上で体感出来て快眠だったよ」と好評なのです。

日本勢も最近はベッドが主流派で「久しぶりにお布団で寝ました」って方も結構多いです。

 

開業前、敷布団の組み合わせをどうするかは随分と悩みましたが、ゲストさん達の反応を見ると正解だったようですね。

 

 

|タオルケットって日本式?

 

海外では圧倒的にシーツに包まって寝るスタイルが主流で、新しいシーツに潜り込むあの感覚が好きって声も多数。

 

日本ではお馴染みのタオルケットは海外では珍しいらしく、だったらタオルケットの優しい肌触りを感じて貰おうと。

開業からこのスタイルですが、なかなかに好評なんですよ。

 

 

個人的には裏地の肌触りが心地よく落ち着くので、タオルケットが日本での思い出の一つになるかも。

 

 

|ちょっとだけ真面目に

 

1階の女性専用ドミトリーの寝具入れ替えはもうすこし先を予定しています。

 

2階に比べると1階の暑さはそれ程でもなく、夜間はやや肌寒く感じる日もあるからです。

 

宿業は「安眠がベースにあってこそ」成り立つサービスだと考えています。

 

観光目的の方もお仕事の方もそこは同じです。 楽しく・元気に日中を過ごす為にも快適な睡眠は外せません。

 

っていうか基本です。特にこれから暑くなる季節に睡眠不足は大敵。

 

チェックイン時間や消灯に関するルールなども全ては、これらを基準に決めています。

 

多少のご不便をお掛けするケースもあるかもしれませんが、皆さまのご理解を頂ければ幸いです。

 

あっ、最近何かトラブルがあっての投稿ではないですよ。ご安心を。 笑

 

=======================================

大阪城から近い  ゲストハウス緑家は、

昔ながらの近所付き合いや戦前の家屋が多く残る

緑橋にある夫婦2人で運営する小さな古民家宿です

 

地域の住人になったような旅を

ガイドブックをなぞるだけの旅には飽きた

 

そんなあなただけの大阪を見つけるお手伝いをしています

 

日常のつぶやきはTwitterにて 

緑家からの景色はInstagramで 

 

ご予約・空室確認はコチラ

=======================================

 

 

 

 

コメント