旅の途中「ただいま」が言える場所に。

ヨシです。

 

皆さん旅行先で「あー帰って来た」と感じる事ってありますか?

 

年々、旅行のスタイルや目的は多様化していますが、それでも理由の一つとして「知らない場所へ行く」ってのは多いと思います。

 

景色・人々・食べのものなど新しいものとの出会いは、自分の世界が広がって行くのを実感します。

 

季節を変え同じ場所を訪れて、一つの街をより深く掘り下げるるのも楽しそうだなーって思いますが、ついつい「勿体無い」って思ちゃって。

 

そう、欲張りなんです。だから多くは始めての場所へ向かう事になります。

 

だからこそ、「帰って来た」って感じれるのがすごく幸せなんです。

 

 

|自分の計画を考えるつもりでお手伝いを

 

「ただいまー!! ここは私達のマイホームよ」

 

と言って約1ヶ月間の日本旅行を終え帰国前に再度立ち寄ってくれたフランスゲストさん。

 

 

写真↑は日本到着直後。これからの始まる旅行へのワクワク感が伝わってくる素敵な笑顔ですよね。

 

2人にとって初めての日本旅行は行きたい場所はだらけ。

 

地図を広げては2人で楽しそうに予定を考える日々。

 

困ってるかなーって雰囲気の時は宿の予約のお手伝いや、予定を一緒にあれこれ考えてみたり。

 

ちなみに彼らはJRパスを持っているので「ここからここへは新幹線でピューっといけるよ」なんておすすめやアドバイスも。

 

やっぱり旅行計画中のあのワクワク感ってめちゃくちゃ良いです。一緒に考えているこっちまで楽しくなって来ますもん。

 

旅の醍醐味は何と言っても新しいものや体験との出会いだよなーとつくづく思います。

 

冒頭の言葉は、そんな2人が戻って来た時の言葉なのです。

 

 

|地域の一員になってみる

 

宿主も旅行中に同じような経験をしましたが、知っている街や宿に帰る時って足取りが軽くなるんですよね。

 

初めての場所で感じる緊張感よりも、知っている安心感が大きいからかな。

 

そこに知っている人がいるだけで自分の街になるっていうか

 

通っていたご飯屋さんのお母さんや日用雑貨店のおじちゃんにたちとの再会。

 

「出かける」ではなく「帰ってくる」。 コミュニティーの一員になったような感覚。

 

そこに旅行中の楽しい思い出も持って帰って来てくれるから、そりゃあ皆んな宿の扉を開けるときは笑顔で「ただいまー!!」ってなります。

 

そして、私たちも周囲も笑顔に。

 

誰かの言葉に「いつも心に笑顔を」ってありましたが、幸せな気持ちは循環しますね。

 

Merci!!  Marlene & Nicholas

 

=======================================

大阪城からも近い  ゲストハウス緑家は、

昔ながらの近所付き合いや戦前の家屋が多く残る

緑橋にある夫婦2人で運営する小さな古民家宿です

 

地域の住人になったような旅を

ガイドブックをなぞるだけの旅には飽きた

 

そんなあなただけの大阪を見つけるお手伝いをしています

 

日常のつぶやきはTwitterにて https://twitter.com/osakamidoriya

緑家からの景色はInstagramにて。

 

ご予約・空室確認はコチラ

=======================================

 

 

コメント